運動ギライが試してわかった!おうちで体幹トレーニングのメリット・デメリット

スポンサーリンク
おうちで体幹トレーニングについて紹介するページ おうちの時間

運動がめちゃくちゃニガテです。

そんな私が、雑誌steady.6月号に掲載の特集を読んで体幹トレーニングにチャレンジしてみました!

この記事では、「運動がニガテでもできる?」「効果はある?」「忙しくて時間がないんだけど…」という疑問やお悩みを検証・解消し、運動ギライの私でも実感できたメリットとデメリットについて書いています。

結論から先に言うと、「1日おきに朝やればOK。楽しくはないけど効果はある!!」というかんじです。笑

スポンサーリンク

体幹トレーニングとは?

体幹トレーニングとは、胴体部分を強化するトレーニングのことです。インナーマッスルを鍛えるトレーニングを指すことも。

私は今回はダイエット目的で始めたわけではありませんが、続ければダイエット効果もあらわれるのかも?

スポンサーリンク

私の低すぎる運動スペック

たぶんこれより下はなかなかいないと思うのです。笑

  • 運動神経ゼロ
  • 運動センスゼロ
  • 体力ゼロ
  • できないから運動がキライ

子供の頃からとにかく運動にまつわるあらゆるセンスがゼロ。泣笑
学生時代は体育なんてなくなれと思っていたし、運動会は地獄のイベントだったし、部活動もしたことがありません。永遠の帰宅部。

大人になれば運動のことなど考えなくていい!と思っていましたが、運動習慣がない=体力・筋力がないのでとにかく疲れやすい。

姿勢やスタイルも崩れるし、ここ3年くらい夏バテがヤバい。(札幌の夏も暑いよ!!?!)
汗もめちゃくちゃかきにくいです。

このままでは絶対に良くない、でも何から始めれば…と悩んでいた時、steady.6月号を読んだんです。

スポンサーリンク

steady.6月号掲載のトレーニングメニューを実践!

体幹トレーニングはこちらの↓

steady.6月号

steady.6月号に掲載の「自宅ですぐできる!体幹を鍛えて太りにくい体に!」という特集を参考にしました。
体幹を鍛えるメリットや方法が、4ページとコンパクトにまとまっていて良かったです。

こちらの本をもとにトレーニングメニューが考案されているようです↓

最初は1日おきでOKとのことだったのでそれだけでかなり気が楽だったこと、体幹を鍛えるメリットとして、姿勢がよくなる、疲れにくくなる、肩こり緩和などが挙げられていて、「今の私が欲しているものだ!!」と思ったので、トレーニングを始めることを決めました。

スポンサーリンク

12日間のトレーニングにチャレンジ!

ということで、私の12日間をダイジェストで追っていこうと思います。笑

私は1日おきに、朝やっていました。

最初は筋肉痛がヤバい

最初の1~2日は本を見ながら取り組みます。
回数数えて、呼吸と体勢を意識して、記事を書くためのメモも取ってたので自分の感情も覚えておかなきゃで…忙しい!笑

激しい動きはないので運動神経のあるないは関係なくどんな人でもできそうなトレーニングですが…最初はとにかくキツい!!!

腹筋と太もも裏の筋肉痛がすごかったです…。1日おきで良かったのには本当に救われました。

特にキツかったのは、体幹トレーニングといえば、のプランク。これ以上ない地味な画なのに、これ以上ないほどキツい。

効果が実感できて嬉しい

筋肉痛が取れたあたりから、色々と効果を実感し始めます。3~7日目くらいかな。

姿勢がよくなって歩くのが楽に、汗が出やすくなった、疲れにくさを感じる、精神的にも穏やか…といいことづくめ。
効果があらわれると嬉しくなって、やる気も出てきます。

もともと運動ギライなので、やってる最中は全然楽しくないですが、全部できると達成感は得られてました。

めちゃくちゃやる気がなくなる

10日目くらいから最後まではほんっっっとうにやる気がなかったです。笑
ホルモンバランスとかのせいもあるのかな?

汗が出ても爽快感みたいなものがなくて、とにかく始めるまでの腰が重い。

そんな中でも頑張ってトレーニングには取り組んだんですが、体のゆがみなのか、使い方のクセなのか、右は楽にできるけど左はぐらつく、みたいな体勢になったりも。
均等にトレーニングする難しさを痛感。今思えば家族にチェックしてもらえば良かったかな〜?

かなり慣れてきた

最終的に、トレーニングそのものにはかなり慣れました。

動き、呼吸、意識する筋肉などはやってるうちに覚えますし、ただこなすようにやるより、しっかりゆっくりやるように心がけたり、負荷をかけたい時は2セット一気にやってみたりもしました。

動き自体は単調なので、飽きが来ないように工夫がいるな〜と思いますが、続けられれば体力も筋力もつきそう!

スポンサーリンク

やってみてわかったメリットは10個!

12日間やってみて、デメリットよりメリットの方が圧倒的に多いことがわかりました。

  • 姿勢がよくなった
  • 疲れにくくなった
  • 首、肩こりの軽減
  • 代謝アップ
  • 1日15分朝やればOK
  • 早起きの習慣がつく
  • おうちで手軽にできる
  • 体調や予定に合わせて対応可能
  • メンタル前向き
  • 続くと自信がつく

全部「※個人の感想です」というかんじで、誰かに姿勢よくなったね!とか言われたわけではないのですが、それでも、12日間だけでも、これだけの変化を感じることができました。

それぞれについて以下で書きますね。

姿勢がよくなった

体の使い方が変わったのか、背すじがすっと伸びている感覚があって、歩くのが明らかに楽になりました。安定感があるというか。

いちばん効果を実感できて、いちばん嬉しかった変化でした!

疲れにくくなった

姿勢が改善したことで好影響がいくつかあって、これもそのひとつ。

私はもともと体力がないことに加えて気温の変化にも弱く、この時期はぐったりしがちなのですが、運動していた間はあまり疲れなかった、というか、翌日に疲れを持ち越す量が減ったかなという気がします。

首、肩こりの軽減

これも姿勢改善の好影響。姿勢が悪い+デスクワーク+目を酷使する生活により、首と肩がガチガチに凝るのですが、それが軽減していたと思います!肩が楽になったことで、連動して首も楽に感じたんだと思う。

あまりひどくなると眼精疲労も相まって頭痛が起こるのですが、それもなかったです!

代謝アップ

運動中に汗が出るタイミングが早まったので、多少は代謝も上がってたんじゃないかなと思います。(ダイエット目的じゃなかったので、数値は測ってないのですが…)

ただ、もっと爽やかな汗ならいいんだけど、私の場合はなんか体に悪そうな汗なんですよね…。笑
少しでもデトックスになってればいいなぁ。

1日15分朝やればOK

steady.に載ってたのは5つのトレーニングなのですが、全部やっても15分あれば終わります。

忙しくて時間がないという方や、家族の存在が気になるという方は、朝やるのがおすすめですよ!私も朝やってました。

早起きの習慣がつく

これ!!運動する為に朝起きられるようになりました。目的を作るって大事です。

「朝から運動している私…!」というキラキラ感を得て1日をスタートできますし、何より朝の光を浴びながらの運動は単純にすがすがしい。朝活のネタにもなりますよ。

おうちで手軽にできる

特に道具やマットなども必要ないですし、激しい動きでもないため、集合住宅でも音など気にせずできます。狭いスペースでもOK。

私は朝でしたが、思い立ったらすぐに実行できるのもおうちならではですよね!

体調や予定に合わせて対応可能

自分の体調や予定をいちばん把握しているのは誰よりも自分なので、「この日はできなさそうだからこっちにずらそう」などの調整が簡単です。

私も、トレーニング期間中に職場の健康診断があったので運動日程をずらしたりしました。

気をつけたいポイントとしては、今日はダルいから明日やろう、など自分の気分で運動日程をずらすことはやめたほうがいいです。やらなくなるから。笑

メンタル前向き

疲れにくくなったこととも関係あるかなと思うのですが、普段より気分が明るく前向きになっていた気がします。

トレーニングの効果を実感できて嬉しい気持ちが、普段の生活にもプラスに働いたのかな?

運動はストレス発散になると聞いたことはありましたが、自分のメンタル面で何か変化が起こるとは思ってませんでした。嬉しい副産物。

続くと自信がつく

今まで、私自身があまりひとつのことを継続してきたことがないからかもしれませんが、「トレーニングを続けられている自分」をふっと意識する瞬間があって。

好きでもないのに運動続いてる私すごい!という気持ちになりました。笑
自信がつくし、自己肯定感も増す気がします。

スポンサーリンク

デメリットは1つだけ

やってみて実感したデメリットはひとつです。

  • 楽しくはない!!!

デメリットというか、私の気の持ちよう次第だろと言われればそれまでですが。笑

もともと運動が好きじゃないのもあるけど、やっぱりどうしても楽しくはなかったですね…。
楽しみ方がわからないという方が正しいかも。
最初はキツいなぁ、頑張れ私〜とか色々思いながらやってましたが、後半は慣れるのもあってあまり何も思わなくなって。
かといって無の境地までも行けず。(行けたら楽だっただろうなぁ)

この感情を持つことの何が厄介って、楽しくないのがわかっちゃってるから始めるまでがめちゃくちゃダルいんです。

おうちで柔軟に対応できるということは、裏を返せば強制力がないので自分との戦いになるということ。
それを乗り越えて続けたからこそ、自信に繋がったのかもしれないですけどね。

早い段階から効果があるのは実感していたので、目の前の「楽しくない、ダルい」を越えた先にあるメリットに向かってなんとか動けた…というかんじです。
ブログに書く!と目的を決めていたのも大きかったかな。

スポンサーリンク

自分のペースで続けていこうと思います!

ということで、体幹トレーニングを実際に試してわかったメリット・デメリットについて書きました。

12日間を終えた後、少しトレーニングをやめていたのですが、またハッキリと不調があらわれてきたので(肩ァ…)再開することにしました。

トレーニングに運動神経は関係ないので、自分のペースでゆるゆると続けて、少しずつ筋力と体力をつけて、姿勢など改善できたらなと思っています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました